カラダという器についてのお話

f:id:kyohei19890612:20180625144257j:plain

 

こんにちは!! 

 

アンチエイジング睡眠の

依田恭平です!

 

 

今日は、いつも読んでいる

とある方のブログで

紹介していた話を見て、

 

 

『とってもためになったなー』と

思った内容があったので

 

 

この場を借りて紹介させてください。

以下

 

  

~~~~~~~~~~

 ある大工の話

 

引退しようとしている
ある高齢の大工の話を紹介しよう。

 

 

この話が私は好きだ。

 

 

とても大切なことを

語っているからだ。

 

 

その大工は、
もうそろそろ家を建てる仕事をやめて、
妻と一緒にのんびり暮らそうと思った 

 

 

雇い主は、
個人的な願いとして、

「もう一軒だけ建ててくれないか」

と頼んだ。

 

 

大工は承知したが、
真剣に仕事をする気はなかった。

 

 

粗悪な材料を使い、手を抜いた。

 

キャリアを積んだ
優秀な職人の幕引きにしては、
残念な仕事だった。

 

家は完成した。

 

点検にやって来た雇い主は、
玄関のカギを大工に渡していった。

 

 

「この家はあなたの家です。
 私からのプレゼントです」

 

 

大工は、大ショックを受けた。

 

ひどく恥ずかしかった。

 

 

 

自分の家を建てているとわかっていたら


たぶんもっと頑張っただろう。

  

私たちもこの大工と同じだ。

 

毎日毎日、
人生という家を建てている。

 

だが、建てていることに
全力を尽くしていないことが多い。

  

そしてずっと後になって、
自分がつくりあげた人生(建てた家)
一生住みつづけなくてはならないことを
知ってショックを受ける。

 

もう一度、やり直すことができたら、
まったくちがうことをするだろう。

 

だが、その時はもう、
後戻りはできないのだ。

 

あなたに後悔してほしくない。

 

あなたも私も、大工のことを笑えない。

 

私たちは人生という一生住みつづける家を
つくっているが、

 

果たして最善を尽くしているか

 

「ベストを尽くせ」という言葉は
耳にタコができるほど、
聞かされた言葉かもしれない。

 

それから、
「あと、ひと頑張りだ」という言葉も。

 

でも、もう一度言おう。

 

今、取り組んでいることに全力を尽くすと、
思いがけないところから
幸運がもたらされることが多い。

 

 もうダメだとか、
おしまいだとか思っても、

  

もうひと頑張りすることが何より大切である。

  

それをどうか忘れないでほしい。

 

あと、ひと頑張りだ!

もう一歩だ!

 

_______

「読むだけで運がよくなる77の方法」

リチャード・カールソン 著 
浅見帆帆子 

王様文庫より
_______

 

 ~~~~~~~~~~

 

この話は

人生のことについて例えたものなのですが

 

健康も仕事も同じことが言えるなと

私は思いました。

 

日々の行い

積み重ねで今の自分がいるわけで 

 

それはこれからも変わらないよなと。

 

特に健康においては

日々の積み重ね以外で

決定づけるものはありません。

 

自分のカラダは

自分を映す鏡なので

  

健康状態が悪いってことは

日々の行いの『膿』が表面に現れているということです。

  

栄養だったり

運動だったり

睡眠だったり

ストレスだったり

 

色々あるわけなのですが

一番念頭に置いておかなければいけないのが

 

全部自分が作り出したこと

だということです。

 

以前、患者様の

82歳のおばあさんが言っていたことを

ふと思い出したのですが

 

 『定年して楽しい人生が送れると思っていたけど全然。

足は動かないし、行きたいところにも行けない。

 

でも、今までの自分の行いを振り返るには

ちょうど良いかもしれません。』

  

とっても深いなと思いました。

 

そういう意味で、

今回の睡眠改善の3ヶ月が

 

あなたの日頃を

振り返る機会にもして欲しいなーと思います。

 

そのためのお手伝い

私もできればなと思います。

 

今日のお話が、あなたの
お役に立てれば幸いです!

 

アンチエイジング睡眠

依田恭平