向上心を無くす時と、カラダの限界は比例する

f:id:kyohei19890612:20180619164443j:plain

 

こんばんわ!!

アンチエイジング睡眠の依田恭平です(^ ^)

 

 

今日はどんな1日でしたか??

 

 

 

睡眠を疎かにした場合

どのくらい経済損失が起こるのか?

 

 

 

この金額、

あなたはいくらだったか覚えていますか?

 

 

 

そうです!!

平均900万ですね。

 

 

 

 

ただ、これは平均なので、

睡眠が悪いことで

糖尿病やガンになった場合

 

 

 

3000万~5000万が

あなたの口座からなくなることになります。

 

 

 

 

そうならないための

アンチエイジング睡眠なのですが、

 

 

 

 

何よりも大事なのが

レッスンを受けている以外の時です。

 

 

 

 

いつもお伝えしている

自分サロン力が大事ということですね^ ^

 

 

 

実はカラダも

勉強や仕事と同じで

 

 

 

 

取り組めば取り組むほど

成長するし、磨くことができます。

 

 

 

要は、メンテナンスを

すればするほど良くなります。

 

 

 

 

どういうことかというと

例えば、柔軟性が分かりやすいです。

 

 

 

 

毎日コツコツと柔軟性を取り組んでいた人と

 

 

 

 

60歳になってから

自分のカラダに

『異変が起きてから』取り組んだ人

 

 

 

 

この両者には雲泥の差があります。

 

 

 

 

骨盤も筋肉も

状態を記憶する力があるので

 

 

 

 

 

若い時から取り組んでいた人は

若い時の状態を維持することができます。

 

 

 

取り組むのが

早ければ早いだけいいのです。

 

 

 

 

 

世間の人は歳を重ねると

身体は自然と衰えるモノと思っているかもしれませんが

 

 

 

 

実際はその逆で

カラダのメンテナンスを怠ることでの衰えの方が大きいです。

 

 

 

 

どういうわけか世間の人は

身体だけあがらえないものと思いがちです。

 

 

 

 

 

けど、その考えは今日から捨てて欲しいのです。

 

 

 

 

確かにいつまでも朽ち果てないカラダなどないのですが、

思っている以上に身体は死ぬ直前まで

元気な状態をキープすることはできます。

 

 

 

 

『人が向上心を無くす時は必ず健康を害す』

という発表をシカゴ大学も発表している通り

 

 

 

 

みなさんの限界と

カラダの限界は比例します。

 

 

 

 

なので、自宅でもできることを

ドンドン先に取り組んでみて欲しいと思います^ ^

 

 

 

 

FacebookグループにもUPしていますが

就寝前のストレッチは

この動画をまずは実践してみてください^ ^

 

 

 

パス online

http://nutrition-sleep.com/online3/

 

 

 

今日の話がお役に立てたら幸いです!!

 

 

 

アンチエイジング睡眠

依田恭平