『自分らしく、あなたらしく』

〜みんな一緒にするこんな世の中はpoison〜

プロジェクトレベルでの活動の限界

タイトルの通りなんですが、

最近考えてました。

 

 

 

例えば、活動するにしても

取材するにしても

アウトソーシングするにしても

人を雇うにしても

 

 

 

資金は絶対必要になってくるもので、

あるのと、無いのとでは、

選択出来る幅が全然違うんです。

 

 

 

組織としてスピードも出ないし発展もしない。

 

 

TRIGGERをキャリアの一つとして捉えてる僕らにとっても、

個人の活動の幅は広がっていかないし、

 

 

なにより

本当に自分たちが生み出したい

多くの人の、

「一歩目を創り出す」っていう所には、届かないと思う。

 

 

 

それこそ自分達の自己満で

何も世間に価値を与えられないままで終わってしまうんじゃないだろうか。

 

 

スケールの小さい所で

止まるんじゃないだろうか。

 

 

 

 

本業を抱えながら、形にする。

パラレルキャリア経由の起業

 

 

 

これは一つ、

僕たちが考えてるパラレルキャリアの形なんだけど、

 

 

 

どっかでシフトチェンジする時期って来ると思ってる。

プロジェクトからの脱皮

 

 

 

本気でやるなら

 

本気で形にするなら

 

もっとTRIGGERに割く時間を

僕は多くしたい。

 

 

 

ステージを一つ上げていきたい

 

 

だから一つ収益化に

こだわる。

 

 

 

最初は寄せ集めの集団で

スタートしたこのプロジェクト。

 

 

 

想いも違う

感覚も違う

 

 

 

どう足並みを揃えて行くんだってなった時に

 

 

 

まずは自分達が夢中になれる事をやろうってなったんだ。

 

 

 

自分達が楽しめる物を作ろうと。

 

 

 

自分達のキャリアを磨くために

このプロジェクト使おうと

 

 

宮本さんはライター

花梨はマーケティング

若菜はエンジニア

 

 

その結果

曲がりなりにも形になってきて

 

 

 

掲載した方々からは

嬉しいお言葉をもらえる位にはなった。

 

 

 

素直に嬉しい

 

 

 

デザイナーの裕司が入って

 

 

 

組織としても少しずつ

大きくなってる。

 

 

もはや

自分達のためだけに

やってる訳にはいかないんだ。

 

 

 

アマチュアから

プロに変わる時じゃないだろうか。

 

 

自分も

キャプテンから

リーダーに変わる必要があるんだと思う。

 

 

決断出来ないなら

辞めるべきで

去るべき

 

 

もう一度ビジョンを描きたい。

 

 

市場を見据えて

どう世の中に貢献してくのか。

 

 

メンバーにどう発展してもらうのか。

 

 

 

TRIGGERを

しっかりビジネスとして

捉えてやっていきたい

 

 

 

リアリティーを持って、

地に足つけながらも

大きなスケールで物事進めていくべきだと感じる。

 

 

【~あなたの一歩目を創り出す~ TRIGGER 】はこちら↓↓

trigger-trigger.com