『自分らしく、あなたらしく』

〜みんな一緒にするこんな世の中はpoison〜

自分を支えるものを見つける

日々仕事の中で

自分のやりたいことだけ

していくのは難しいです。

 

 

 

雇われていたら尚のことで、

したくないことはとにかく多い。

 

 

 

けれど、

そんな中で、自分がどう埋もれずに

いるかというのが凄く大事で。

 

 

 

例えば、

 

 

 

立場が上がれば上がるほど

やることは多くなります。

 

 

 

マッサージが好きで仕事を始めたのに

数字を意識したり

職場の環境を考えたり

スタッフを管理したり

 

 

 

こうなると

もう全く別の仕事なわけです。

 

 

 

 

『やりたい仕事と違った』

こうなってしまうんじゃないかな。

 

 

 

 

 

こう言ってしまうのは凄く簡単なんだけど

そうなるとやはり大切なのは、

目的だったり志の部分なんだと思う。

 

 

 

 

なんのためにやってるのか?

何を生み出したいのか?

 

 

 

 

こういう動機的な部分が

自分を支えるんだ。

 

 

 

 

例えば僕の周りは美容師さんが多い

 

 

 

『自分がオシャレすることが好きだから』

『髪をいじるのが好きだから』

 

 

 

 

こういう美容師の友達はみんな辞めた。

自分がオシャレをすることや

髪をいじることは、

仕事をする上でなんら関係がないからだ。

 

 

 

 

結果拘束時間が長くて、給料が少ないから

自分のしたいオシャレが出来い。

 

 

 

 

最終的にそう言っていた。

 

 

 

 

『鏡の前の人が

変わってく様を見るのが好き』

『ありがとうをもらうことが好き』

 

 

 

 

こういう人は続いてる。

 

 

 

 

やってる事は同じでも

やってる動機は大きく違う。

 

 

 

 

 

レンガ職人の話によく似ているなと思う。

 

 

 

 

 

刺激的な毎日なんてどこにもない。

環境を変え続けても、すぐに飽きるのは当たり前。

 

 

 

 

変えるのは自分の中の世界であって

外の世界が変えてくれるわけじゃない。

 

 

 

 

だから内省することが大事。

自分の幸せはなんだろう。

問い続ける。