『自分らしく、あなたらしく』

〜みんな一緒にするこんな世の中はpoison〜

【人がいる環境だからこそ 、自分の価値を発揮できる人もいる。】

今日クライアントの接骨院にお邪魔してまして、

仕事の話(8割雑談)してた時に、

 

 

『依田さんは何でこの仕事辞めちゃったの?』

と聞かれました。

 

 

 

知ってる人も、知らない人も

全く興味ない人もいると思うんですが、

 

 

実は僕

1年位前まで、柔道整復師として接骨院で働いてたんです。

 

 

最後は神楽坂の方で院長してました。

でも辞めました。

 

 

理由は

別にマッサージや、

接骨院の仕事が好きなわけじゃないと気づいたからです。

 

 

 

地域医療に貢献したいとか

そういう気持ちも特になかったし 。

 

 

 

でも接骨院の仕事の中で

ある部分的な仕事に対して

凄くやりがいと達成感を感じてました。

 

 

 

それは『上手くお店を回せた時』です。

 

 

どういう事かというと

例えば、

 

 

お店が混んでる状況で、

 

『あの人待たせたら絶対怒るから、順番前後するけどあの人先に入れよう。』とか

 

『じゃあその間、順番抜かれた患者さんには、スタッフに談笑してもらって注意引いといてもらおう』とか

 

『あの患者さんは、話の内容的に女性のスタッフの方が合うだろうな』とか

 

『あの人はマッサージより、喋りに来てるから、お喋りなスタッフを入れよう』とか

 

『後輩指導はあの人にお願いしよう』とか

 

 

 

 

そうやって

人とか場をさばくのが凄く楽しかった。笑

 

 

上手く行った時は

心の中で小さなガッツポーズしてました。

 

 

 

それで気付きました

『あれ?これって接骨院じゃなくても良くない? 』って。

 

 

 

今思うとそこに

自分の好きな事があったワケで

接骨院の仕事から

僕はやりたいことのヒントをもらいました。

 

 

 

だからマネジメントとか

チーム作りとかに関われる

今の管理職は楽しいワケで、

TRIGGERも楽しいのです。

 

 

なので僕にとって、

仕事内容は

そんなに大事じゃなくて。

 

 

どんな仕事をしてても

チームビルディングみたいな事してたいんです。

肩書きはあんまり重要じゃないです。

 

 

 

あーもっと学びたいなー

そういう環境に行こうかなとか

最近考えてます。

 

 

 

で、今回伝えたいのが

【人がいる環境だからこそ

 自分の価値を発揮できる人もいる。】

 

ということ。

 

 

場を明るくできるとか

空気が読めるとか

 

 

目に見えない武器をお持ちなんだけど

でも目に見えないから本人も気づいてないみたいな。

 

で、目に見えないから

周りも気づいてくれないみたいな。

 

だから、スポットが当たる人に憧れるよね。

なんか目立つ人に憧れるよね。

 

『オラに特技をー!』って状態?笑

 

 

 

潤滑油的な役割の人って

『やりたい事がない』

『スキルがない』 って

 ずっとこんな感じに悩んでる。

 

 

じゃなくて

自分の内側に価値があるのよ

すでに持ってるんだ。

 

 

だから僕の提案としては

プロジェクトをしてみては

どうですかということ。

 

 

なんでも良いからやってみたら良いと思う。

 

 

人を生かして

人に生かされたら

そしたら潤滑油も

輝けるんじゃないでしょうか?

 

 

自分で自分を認めてあげられるんじゃないかな。

 

 

なんかオカルトっぽくなったけど

これ周りを見てて

最近凄く感じることの一つ。

 

 

で、自分もこの部類だから

興味関心があることの一つ

 

 

 

ただ、間違いなく言えるのは

こういうタイプも必要だということ。

 

 

っていう自己肯定ねー!笑

 

 

ではではまた!!

 

 

TRIGGERってなーにって人はこちら↓↓

trigger-trigger.com