『自分らしく、あなたらしく』

〜みんな一緒にするこんな世の中はpoison〜

親孝行は、自己満でするものではない。ということだけは分かった。

今日は久々に実家に帰ってるんですが、

親の老け方を見ると

時間って流れてるんだなーって感じます。

 

一緒に住んでた時は、

いつも顔を合わせてたからか

別に変化に気づかないんですが、

 

少し離れてみると、

結構色んな変化に気づく。

 

 

 

 

『うちはハゲない家系だから安心しろ』って

豪語してた父親も

 

まあまあ頭が散らかってきて

ぬらりひょんみたいに

なってきてるし

 

 

 

『芸能人にハマる女は暇なのよ』とか

言ってた母親も

 

スケートの高橋大輔

TwitterFacebookでチェックしまくる日々

 

 

さすが動物占い

羊、羊、羊の父と

狼、狼、狼の母

 

 

もうね

意味わからなすぎる事多いのです。笑

 

 

 

 

そんな両親を見てたら

不意に【親孝行 】って言葉が

頭をよぎりました。

 

なので親孝行について

思うこと書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

親孝行ってなんだろう。

 

 

そういえば昔、

お金を稼いで

立派な姿を見せることが

親孝行って思い込んでた時期あります。

 

 

なんでそう思ったのかは忘れたけど。

 

 

25歳くらいで自分の店でも持って

成功してる姿を見せたら、

鼻が高いだろうなみたいな。

 

 

自慢の息子になることが

親孝行って当時は思ってた気がする。

 

 

今振り返ると

どんな低脳なんだ自分って思います。

 

しかも

それ

完全に自分のタメじゃんって。

 

自分の見栄だろって。

 

自分が気持ち良くなりたいために

『親孝行』っていう

ていの良い言葉使ってるだけじゃん。

 

ステータスでボランティアやってる感じに似てる

 

親孝行詐欺ですよ。

こんなん。

 

しかも親って頑張って稼いだお金ほど

受け取らないしね。

 

『アンタが使いーよ』

 

この一点張り

 

 

 

 

 

親孝行って言葉を便利に使ってる風潮は

間違いなくある気がする。

 

 

贈り物するにしても

自分の満足感のためにやるのは少し意味が違ってくるのかなと。

 

贈り物した自分偉い!

みたいな。

 

もちろんそうじゃない人が多いと思いますけど。

 

 

親の心境は

親になってみないと分からないけど

 

多分そんなに多くのことは

望んでないんだろうなって気はしてます。

 

子供もそんなに

あれこれする必要もないのかなと。

 

優しくするなら普段からしてれば良いし

思いやりの心は普段から持つべきで

 

年老いてきたから、

そうだ!

親孝行しよう!

 

これには何か違和感ある。

 

 

 

書いてて思ったけど

年老いてきた両親を目の当たりにするからこそ

親孝行って感情が芽生えるのかもしれません。

 

 

現に今回

ぬらりひょんみたいな父親見たから書こうと思ったんだし。

 

 

『親孝行しとけば良かったな』

これだけはならないようにはしたいと思ってます。

 

 

 

TRIGGERってなーにって方はこちら↓↓

trigger-trigger.com