『自分らしく、あなたらしく』

〜みんな一緒にするこんな世の中はpoison〜

プロジェクトというパラレルキャリア

TRIGGERの公開ですっかり忘れていましたが

実は、メルマガプロジェクトは結成1年になりました。

 

 

 

 

あーよかった!存続してる!笑

 

 

 

 

これは冗談なんですけど

半分リアルな感想です。

 

 

 

 

歯車が噛み合い出したのは最近の事で、

どっちかというと上手くいかなかった事の方が多い。

 

 

 

 

『メルマガ良いチームだね』

って言っていただけるようになったのは最近なんです。

 

 

 

 

 

1年前は、今のメンバーは一人も居ません。

僕だけです。

 

 

 

メルマガプロジェクトは

ほぼ失敗から始まってます。

 

 

 

 

先日から、空いた時間に

プロジェクトの歩んできた歴史を

年表に起こす作業を始めました。

 

 

 

 

この時期は、何があって状況はどうだったのか。

何が良くて、何がダメだったのか。

 

 

 

 

自分はどうか?

メンバーは?

 

 

 

 

こういう風に一つ一つ振り返ってみると、

上手く行かなかった時は、全て自分に何かしらの原因があった。

 

 

 

 

 

当時も上手くいかないなりに考えてはいたものの、

今だからこそ分かる事が多い。

 

 

 

 

 

終わってみて理解できる事が大半で、

これが経験を積んだということなのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

近い将来プロジェクト活動はスタンダードになる。

 

 

 

今は、会社以外に対外的な活動をしている人は

意識の高い方が多いと思う。

 

 

 

10年後は、そうじゃない人も外部に活路を見出すのは自然な流れで、

様々な人と関わって活動する機会が多くなるのは間違いない。

 

 

 

 

【プロジェクト】という言葉が世の中に浸透するのもこの頃で、

多くのプロジェクトが生まれる。

 

 

 

 

 

活気が出て凄く良い

 

 

 

でも、大体のプロジェクトは形になる前に

潰れると思う。

 

 

 

色んな個性の人が集まる事で、大きな物が創れる。

色んなキャリアを持つ人が集まれば壮大な事ができる。

 

 

 

僕はこう思ってたんですけど、実際は逆です。

 

 

 

 

様々なキャリアを持つ人が集まるからこそ、

まとまる事は難しく

形にする事は難しい

 

 

 

年齢も

性格も

能力も

価値観も違う人が集まる

 

 

 

 

 

冷静に考えてみたら

結構無茶

 

 

 

 

人間好き嫌いの生き物

 

 

 

 

合わない人とは合わない

 

 

 

 

学校でも、会社でも

苦手な人とはみんな距離を置いてきたはずなんです。

 

 

 

 

でも、プロジェクトでは

組んで形にすることが求められる

 

 

 

逆に、仲良しこよし過ぎてもダメ

 

 

 

このバランスが絶妙

 

 

 

 

上手く行かなかったら

 

 

 

『やっぱやーめた』

 

 

この選択も出来る

 

 

最初は収益も見込めない

決まった日に決まったお給料は無いです

 

 

 

活動は全て自腹

 

 

 

仕事をしている人は、

休みの日か

仕事終わりの活動になります。

 

 

どうでしょうか。

遊んでた方が楽しそうじゃないですか?

 

 

 

 

そういう見方をすると

大体の人がプロジェクトなんか辞める。

 

 

なぜプロジェクトをするのか?

なんでプロジェクトなのか?

という疑問に行き着くからだ。

 

 

 

自分自身

プロジェクトと銘打って活動する意味がはっきり分かったわけじゃない。

 

 

 

僕は【プロジェクト】とは何なのかを見定めたい。

今メルマガをやっているのはその意味合いが大きい。

 

 

 

 

この活動で、何が生まれるのか知りたい。

自分を含めて、周りがどう成長していけるのか知りたい。

 

 

 

将来は、プロジェクトで活動する良さを誰よりも理解して伝えていけたらなと思う。

個人的にそういう活動をしていきたい。

 

 

 

 

その時に、今作ってる年表が役に立つ。

プロジェクト活動においての一例であり、マニュアルになる。

今の経験が価値になる。

 

 

 

 

活動一つ一つに意味があって

起こる問題が全てエピソードになる。

 

 

 

だから今が大事。

 

 

 

 

 

 

僕らがTRIGGERを形にすることは

パラレルキャリアという生き方を世の中に実証することでもある。

 

 

 

 

僕らメルマガプロジェクトのメンバーは

活動を通して、少しづつ自分を見つけてこれた。

 

 

 

メルマガプロジェクトというパラレルキャリアを通して、

自分の生き方を見つけられたんです。

 

 

 

仕事に追われている人

将来が不安な人

日常が面白くない人

 

 

そういう人はぜひ、パラレルキャリアをして欲しい。

 

 

 

 

僕らはパラレルキャリアという考えをスタンダードにしたい。

そのために、TRIGGERは出来ました。

 

 

 

 

そういう意味で、僕らが活動する意義は大きい。

もはや自分達だけのためにやっている感覚は僕にはない。

 

 

 

10年先をイメージする。

イメージするだけならタダ。