『自分らしく、あなたらしく』

〜みんな一緒にするこんな世の中はpoison〜

triggerというプラットフォーム

先日大江戸温泉に行ってきました!!

 

f:id:kyohei19890612:20150310214308j:plain

 

 

ただの温泉かと思ってたら中凄いんですね!!

 

 

屋台あり、飲み屋あり

江戸を彷彿とさせる街並み

 

 

 

これは1日過ごせます!!

 

 

 

雑魚寝スペースで、

久々にマッサージしました。

宮本さんの身体が悪すぎるんで。

 

f:id:kyohei19890612:20150310214327j:plain

 

 

土日は、逆に忙しかったりするので

たまには、リフレッシュする事も大事だなー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮本伸男さん

メルマガプロジェクトで現在作成中のプラットフォーム

【trigger】のライターとして記事を書いてもらってます。

 

 

 

 

宮本さんの書く記事には独特の表現、世界観があり、

読めば先が気になり、引き込まれる。

 

 

 

僕は彼の書く記事がとても好きです。

 

 

 

その記事を書く秘訣は

取材にあると言います。

 

 

 

 

 

 

僕自身プレ取材として実際に受けました。

 

 

 

考えてもなかった事を聞かれるんです。

 

 

 

そして、どんどん自分が引き出されます。

 

 

 

思ってもない言葉が自分の口から飛び出す。

 

 

 

これが本心なのか、嘘なのかその時は分からない

 

 

 

反射的に出た言葉なのか

潜在的に頭にあったものなのか

 

 

 

 

取材のミソがココにあると僕は思う。

 

 

 

 

 

取材が終わった後に、自分と猛烈に向き合うのだ

 

 

 

『あの時の自分の言った事は本音なのだろうか?』

 

 

 

 

そうして改めて考えた時、

初めて自分の語った事が本心なのかどうか気づく事ができる。

 

 

 

 

宮本さんの取材の価値は

 【自分の核の部分と向き合う所】にあると思う。

 

 

 

リアルな想いは、意外と自分の奥深くにあるのかもしれません。

自分の口から語られる事全てが真実とは限らない。

 

 

 

triggerはリアルな想いを発信していくプラットフォームにしていきたいと考えてます。

だからみなさんのリアルな声、リアルな想いが知りたいんです。

 

 

自分を整理する時間

頭の中の吹き出しを埋める作業

 

 

取材はそんなイメージです。

 

 

そういう意味で

宮本さんの取材と記事はtriggerの生命線なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『人は想いに惹かれるもの』

 

 

 

 

 

みなさんの想いに

共感した世の中の人が集まります。

 

 

 

 

 

 

今の時代は

誰でも自由に

自分の事を発信できる時代。

 

 

 

 

 

 

誰でも自由に発信できるからこそ

本当に届けたい自身の想いや声は

多くの人の声に埋もれてしまい、かき消されてしまうのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

triggerはみなさんの想いを届けるプラットフォーム

 

 

 

 

 

【配信を通して、つながりのきっかけを創り、想いを形にする】

これを理念として、目的にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

つながりーー

 

 

 

 

 

 

つながりを持つことは、全てにおいて可能性が広がると僕は考えます。

仕事、暮らし、趣味、健康、ビジネス、生き方ーー

 

 

 

 

 

 

 

 

一人で出来ない事も、二人なら出来るかもしれない

応援してくれる人がいたら心強い

 

 

 

 

 

つながりを通して、お互いの相乗効果

発展につながればと思います。

 

 

 

 

 

つながりを持った人と

コミュニティや新たなプロジェクトが生まれたりしたら面白い

 

 

 

 

 

 

僕らが活動してた意味があったなと感じられそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんの発信する想いや活動が

triggerのパーソナリティとなり、影響力となりそうです。

 

 

 

 

 

triggerの成長=みなさんの発展

でもあるのかなと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

『みなさんと共に歩む』

 

 

 

 

 

 

これから創るtriggerを

僕はこんなふうにイメージしている。