『自分らしく、あなたらしく』

〜みんな一緒にするこんな世の中はpoison〜

一つのモデルケース

新居に根付いて3週間

 

 

 

 

部屋は自分の好きなようにカスタマイズ中です!

 

 

 

 

 

これは一目惚れして買ったテーブル

 

 

f:id:kyohei19890612:20150304123423p:plain

 

 

 

角度と高さが自由自在ですごく便利です!!

 

 

 

深く腰掛けても、浅く腰かけても、

気持ち良く作業できます。

物が落ちないようになっている所も素敵

 

 

 

PC使う人は好きそう。笑

 

 

週末には、ソファーベットも届くので楽しみ。

The 快適な空間目指します!!!

 

 

 

 

 

 

 

本業の方は

だいぶ仕事がしやすくなってきました。

 

 

 

飲みに誘われる事も多くなってきたので、受け入れられてきたなと感じます。

自分の時間が大事だからあまり参加しないけど、たまには行こうかなー。

 

 

 

先週は部署全体でトラブル対応に追われた週でした。

 

 

トラブルが起きた時って、

人間性がとてもよく出るんですね。

 

 

不平不満を述べる人

責任転換する人

かけづり回ってくれる人

 

 

マジかよ

と思う人も中にはいたけど

色んな人がいるのが組織でチーム

 

 

どこの場所でも変わらない事です。

 

 

 

今回トラブルが起こった事はとても良かった。

みんなの色んな一面が見えたから。

 

 

 

トラブルの時は誰を頼ったら良いかが凄く分かったのと

どんな優秀な人間も適材適所で、活きるも殺すも状況次第だということ。

 

 

もちろんそれは、

自分自信も例外ではなく

 

 

僕自身、力になれる場面となれない場面があるんだということ。

 

 

 

 

 

 

 

【相手の事を知る】

 

 

 

僕は知ることを心がけている。

でももっと心がけたい。

 

 

 

相手を知る事が

自分の生命線だと思ってます。

 

 

 

 

人間関係を築く事は、

僕の中でチーム創りの根本になる考えです。

 

 

 

 

 

基本的に無関心だと思われますが

人の感情や心情、喜怒哀楽には敏感な方だと思います。

なにより興味がある。

 

 

 

何が好きで、何が嫌い

何で怒って、何で喜ぶのか

 

 

 

これらを知ることは

僕の中ではとても大切

 

 

 

たわいもない話の中でそういう事は分かってきます。

なので殺伐としてた今の職場では、まずはそういう環境をを作りたかった。

 

 

 

 

それが今回は

朝のティータイムという物で形になった

 

 

うちの会社は朝一に紅茶を飲みながら和む事から始まる。

 

 

 

最初は、僕が紅茶を買って注いで回ってました。

今は、松井さんというおばちゃんが

勝手にやってくれます。

 

 

 

 

『そんなセンスの無い紅茶じゃダメです!』

だそうです。笑

 

 

 

 

『今日は何を飲みますか?』

 

 

 

 

松井さんのこの一言が

眠たそうなみんなが

コミュニケーションを取り出すきっかけになる

 

 

 

 

みんなが少しづつ話し出す。

 

 

 

 

『今日電車が遅れた』

『昨日の夜は飲み過ぎて。。』

『うちの犬がねーー』

 

 

 

 

 

後は、お喋りな松井さんが後は盛り上げてくれる

仕事はつまらなそうにやるのに、この時間だけは楽しそう

 

 

 

朝一を盛り上げられる事が松井さんの価値なのかもしれない。

これでみんなが1mmでもやる気が出たら素敵なこと

 

 

 

 

この会社の文化になれば良いなと思う。

 

 

 

 

 

 

話は戻って

 

 

 

 

 

知る事と同時に

【自分を知ってもらう事】が大切なんではないかと思います。

 

 

 

 

知ってもらわない事には

自分の『主義主張は通らない』ということです。

 

 

 

どんな人か分からない人の

考えや哲学は

 

 

 

うっとおしい

僕だったら聞きたくない

 

 

 

 

まずはどんな人間か

それからではないですかね。

 

 

 

正論だけど、

聞いてもらえないなんて

悲しすぎる

 

 

せっかくの力も無力

 

 

だからお互いを知る事が大切

 

 

 

 

 

 

そういう意味では、

僕の価値観に耳を傾けてくれる人は

 

 

 

僕の内面を知っている人だけ

ということです。

 

 

 

 

 

今日は休日!

楽しみます!!