『自分らしく、あなたらしく』

〜みんな一緒にするこんな世の中はpoison〜

フェスティボ参加してきますた

昨日は

フェスティボの
合宿に参加してきました。
 
 

f:id:kyohei19890612:20150124004702j:plain

 
 
スケジュールは
学校でいう6限目まである感じ。
 
以下
 
~~~~~~~~~~~~~~~~
 
▷イントロ 30分 10:30 – 11:00
▷資料づくりプロセス 座学 150分(+60分 昼食) 11:00 – 14:30
▷小休止 14:30 – 14:45
▷参加者資料添削 60分 14:45 – 15:45
▷ワークショップ1 練習問題 30分 15:45 – 16:15
▷小休止 16:15 – 16:30
▷ワークショップ2 グループワーク 60分 16:30 – 17:30
▷ワークショップ 3 個人ワーク 45分 17:30 – 18:15
▷Q&A 15分 18:15 – 18:30
 
~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
結構みっちりなカオスでした。笑
 
 
パラレルキャリア
支援ですが、
 
 
フェスティボは
起業を支援する
団体です。
 
 
 
普段から様々な
イベントや
講習会が
行われているんですが、
ビジネスに直結する
実務的な内容も
多くあるようです。
 
 
 
 
この日の内容は、
【相手を動かす資料作り】
 
 
 
 
プレゼンで使える
資料作成を
会得するという内容。
 
 
 
課題はこんな感じに出来上がりました。
 
 

 

f:id:kyohei19890612:20150124010343p:plain

 
 
 
多分この辺がダメっすね。
 
 
 
f:id:kyohei19890612:20150124010241p:plain

 

 
 
グラフのチョイス間違えたから
売上が右肩下がりの印象与えそう。
 
 
 
 
 
 
資料作成って
意外と奥が深いんだなと思いました。
 
 
 
 
レイアウト一つとっても
相手に与える印象や
脳に入る量が違ってきます。
 
 
 
表とグラフの
メリット、デメリット
使い分け
 
 
 
シーンによって
インパクト重視なのか
論理的するのか
 
 
 
 
誰に聞かせるのか
誰に響けば良いのか
落とし所は。。。
 
 
 
 
 
 
【相手によって表現方法を変える事】
これは人と話す時と同じだなと思いました。
 
 
 
 
 
資料作成は
自分の筋書き通りに
進めるために
 
 
 
どう作成するかが
大事だそうです。
 
 
 
 
今回フェスティボの合宿に
参加した理由は
 
 
 
 
【行きたかった】
というよりは
 
 
 
 
【行く必要が出来た】
から行きました。
 
 
 
自分は人に言葉で説明するのが苦手です。
体型的に伝える事とか特に。
 
 
 
普段はボイスチェンジとか
周りに伝えてもらう事が多いです。
 
 
 
それはそれで
良いのかもしれないけれど、
 
 
 
自分の考えを
自分の表現で伝えたい
伝える必要がある
 
 
 
こう思う事も
多くあります。
 
 
 
これに関しては
どんな性格の人も
どんな立場の人も
同様の事が
言えるのではないでしょうか。
 
 
 
自分を表現するツールの一つに
keynoteがあり
ブログがあるという訳です。
 
 
 
コミュニケーションは、言葉と言葉だけの話ではないです。
 
資料を使ったコミュニケーションの取り方もあります。
 
ブログで人を響かせる人もいます。
 
 
 
ようは 
 【相手に自分の考えが届いているか】が大切だと感じます。
 
人は分かりあう事で前に進めます。
チームも組織もそこは同じです。